読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

懐古大学生

昔の音楽や映画やファッションが好きな大学生のブログ

バグダッドカフェ感想

 

春休み中、起きたら13時…バイト前の暇な時間で映画を観ました

その名もバグダッドカフェ

 

いつも映画を借りてみるときはみんなのシネマレビューってサイトをあてにしてるんですよ!このサイトの評価7.0以上なら糞映画に出会うことはほぼないですね!今回バグダッドカフェも7.5くらいのなかなかの高評価だったんで、前知識ほとんどなしで観てみました!

 

始まって20分

 

ナニコレ…

うわぁカルトっぽい

 

 

因みにカルトとか気取って言って見たけど定義はよく分からないですごめんなさい

 

エルトポ、アギーレ、小人の饗宴、博士の異常な愛情(これはちょっと違う気もするけど)などカルト映画と呼ばれる作品をちょっとだけ観たことあるんですけど、こいつら共通して感じたのは、何年か経っても思い出すような気色悪さ(なんかグロ画像見たときのようなあの感じ) 

ということで僕の中ではカルト映画ってそういうことだと勝手に解釈してます。

 

バグダッドカフェも最初からカルト臭がもうプンプン!特におデブちゃん(ジャスミン)の裸を祭って踊る回想シーン…

 

あっこの瞬間忘れてた1つの事前知識を思い出したんですよ!

 

 

 

デブ専におすすめ

 

 

 

なるほどね

 

 

まぁそんなこんなで進んでいくんですけど

しかしね

おデブちゃんがカフェの人達と交流していくうちに映画の気色悪さがどんどんマイルドになっていき、それに従ってどんどんあのおデブちゃんが魅力的に見えてくるんですよ

 

画家にヌード絵画を描かれてる時、もうおデブちゃんと呼ばせない女性ジャスミンの誕生である

 

 

 

デブ専におすすめ

 

 

 

なるほどね

 

 

あぁ最初の気色悪いと感じさせる裸はこのための演出なのかな(今レビュー書いて気がついた)

 

そしてラスト近くでは踊って唄うマジックショー。もはや映画の雰囲気がカルトからミュージカルへ変わってる

 

この変貌は予想できなかったなぁ…

映画の雰囲気作りが秀逸すぎる!

 

 

感想を言うと

ストーリー映画というよりも雰囲気映画と感じましたね

個人的に素晴らしいと思ったのは

音楽!

 

この映画の有名テーマソングcalling youのもたらす虚無感は堪らない。

しかし、そのcalling youよりも感動したのは

 

 

バッハの平均律クラヴィーア!

 

カフェで黒人の青年のピアノの演奏ジャスミンの前で彼が演奏するシーン!彼の感情が篭った滑らかな演奏はあまりに美しかった。私的にここが1番の見どころかなぁ

 

とりあえず僕の評価は★★★☆☆